役者6人+制作1人で7の椅子。劇団員による稽古場レポートと日々の戯れ事。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「行こう! #3」



 女川の地元方に港へ連れて行ってもらった。

 徐々に津波の爪跡の残る街が続く。
知ってはいたものの、皆驚愕の声をあげた。

 いきなりである。
 いきなり。


 岡に上がり下り始めるといきなり街が消えた。

 がれきと巨大な石の固まりとなったビル。
 建物として認識出来る物には電柱が突き刺さり、車が5階の屋上に乗っかっていた。

 ダンプや自衛隊のトラックが土埃を舞い上げながら、せわしなく瓦礫を運んでいるなか皆で少し歩いた。

 むせかえる様な海の匂いに腐敗臭が混じる。
 蠅が凄い。追い払うには多すぎる。

 皆言葉少ない。

 案内してくれた『ケンさん』が地面を指差し、「ここがお店だったの。」

 そこにはなんにも無かった。何も。

 カフェバーで時々ライブをやったりしていたと言う。

「ライブの時はここの道路の方まで椅子だしてね…。」
 聞いていたが、どこまでがお店でどこからが歩道なのか分からなかった。

 「なんかねーがなって探したら、これ出できたの。」

 一本のマイクスタンドを指差し笑う。

 車に戻りながら見上げた正方形のコンクリートのビルは窓がないな…と思ったら、こちらを向いてるのは屋上だった。バタリと倒れていたのだ。
 なんという力だろう。。神の領域。

 サイコロか、と思った。

 正にそうだなぁ、神が賽を振ったのかな。どうしてここだったのでしょう。どうしてここまで。。

 参ったな。。

 瓦礫の撤去作業にあたっているみなさん、お疲れ様だぁー。

 いやいや、ウチらはバーガーを食べてもらいにやって来たんだ!

やれることをやろう! !

 いざ、女川第一小学校へ!!


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nananoisu.blog103.fc2.com/tb.php/652-f70061bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。