役者6人+制作1人で7の椅子。劇団員による稽古場レポートと日々の戯れ事。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また、本番ですよー。
217c37a2.jpg
a26bcb4a.jpg
 お芝居のお知らせをさせて下さい。

 いやー【シグナルズ】おいでに来ていただけたお客様ありがとうございましたー。
 もう次の稽古に入ってますよー。
  
 【ハイリンド】Vol.4
 「幽霊はここにいる」
 【作】阿部 公房 【演出】西沢 栄治(JAM SESSION)
 【場所】:THEATER/TOPS(新宿駅東口出て新宿通り、アルタ前に向かって右へ進み丸井と紀伊国屋書店の間を左へまがる、真っ直ぐ行って靖国通りまで行く手前の左手のビル。シアタートップス、4Fが劇場です。徒歩5分です。)
 【日時】:07年8月1日(水)~5日(日)

・1日(水)19:00

・2日(木)☆14:00/19:00

・3日(金)19:00

・4日(土)14:00/19:00
・5日(日)13:00/17:00 
 【チケット/全席指定】
・前売り:\3,500-
・当日 :\3,800-
☆平日昼間割引(2日14:00の回)↓
・前売:\3,000-
・当日:\3,300-
 【出演】井原 農 _枝元 萌 _多根 周作 _はざまみゆき (以上 ハイリンド)
_浅井 伸治 _荒井 志郎 _内田 ひろこ _小林 高之(THE 黒帯) _島村 比呂樹(theatre 劇団子) _村田 一晃 _森 アキ _竹下 ヨシユキ _鍋谷 ナナオ _福田 英和(7の椅子)

 に、出演して参ります。
 シグナルズ終わった次の日から稽古に参加致しました!
 古典とまでは言わないですがかなり古い作品です。
 ブックオフにさえあるくらい有名な作家の作品です。
 「砂の女」を読んだときは日本独特のジメッっとした怖さと魅力にどっぷり引きつけられました。
 この「幽霊は~」も持っていていつかやれたらなぁ…と思ってました。
 やります!!
 なんとやりたかった作品をやるのです…はー…。
乞うご期待です!HP
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nananoisu.blog103.fc2.com/tb.php/199-0fc62270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。