役者6人+制作1人で7の椅子。劇団員による稽古場レポートと日々の戯れ事。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶり
すぎた。

何から書こう。

とりあえず今、合間をみつけて「サヨナライツカ」をみてきた。



泣いた。鼻水でた。

よかった。


今から、劇団会議だす☆
スポンサーサイト

☆山本亜希 客演情報☆
☆山本亜希 客演情報☆

リンムーメン!!プロデュースvol.4
『KANNAZUKI―2010』


~助けようとする気持ちが強ければ強いほど、
 その人を追い詰めてしまうから…~

2010年2月9日(火)~14日(日)
劇場:テアトルBONBON

~タイムスケジュール~
2月
9(火)19時
10(水)19時
11(木)14時/19時
12(金)19時
13(土)14時/19時
14(日)12時/16時

チケット:前売3800円当日4000円(全席指定席)

<あらすじ>
舞台は10月・・・下町のリネン工場の従業員休憩所。
リネン工場の社長には、弟と妹がいる。
弟(宏)はギャンブル好き。
妹(佐知子)は・・・精神に『病』を抱えている。。。

従業員の坂下と妹の佐知子は恋人同士だが、その『病』の為、ぎこちない日々を
過ごしている。

休憩所の2階が社長一家の住まいを兼ねている為、
佐知子が休憩所を通る時には、必ず『鈴』が鳴る。
そんな工場の、とある1日の物語。

その日は洗濯機にメンテナンスの入る日。
個性的な従業員達は、それぞれ身勝手な主張をしてなかなか仕事が進まない。

ギャンブル、休みの要求、借金、進まない仕事の重責、メンテナンス業者と従業員の争い・・・
仕事にも追われ、更にその全てを一人抱え込もうとする坂下。

今日もまたベルの音が悲しく響く。
そんな不器用な人間たちが織り成す、おかしくも切ない物語。

HPはコチラ
「12/1」
20100201023003



 んー。

 2010年、
 もうひと月が経つ。
 毎年書いてる気がするが、『行く一月、逃げる二月、去る三月』とはよく言ったものだと思う。

 早いもんだ。

 でも今年は『シグナルズ』の公演のお陰で有意義かつ濃厚な年はじめを迎えられた。

 シグナルズ、ありがとう。


 楽日からこの一週間、やっとリハビリ期間が終わり、心身共にフリーター的な者になりつつある。

 フリーターねー…。

 芝居の仕事で稼ぎたいものだ。

 そだ、強く望も!
 いやいや、それはしてるし、それだけじゃダメだろう。


 自問自答。

 明日も頑張るかぁ。


 そーそー、今年の目標。
 『感謝』です。

 ふー、一月中に考えついて良かった。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。